校長日誌

【校長室】3年生 学年末考査です

 3年生にとってはいよいよ高校生活最後となる定期考査、学年末考査が始まります。コロナに翻弄された1年間でしたが、高校生活の集大成として、正々堂々と考査に臨んでください。決して追認考査を受けることのないように。

 今日の一言 『今頑張らずに、いつ頑張る』

【校長室】2021年 3学期がスタートしました

 新しい年を迎え、新学期がスタートしました。今年もよろしくお願いします。今年は丑年です。先を急がず一歩一歩着実に物事を進めることが大切な年と言われています。皆さんも今年の目標に向かってコツコツと基礎を積み上げていってください。2020年は新型コロナウイルスによって世界中が多くの困難に見舞われました。現在も県内の感染者数は減少せず、緊急事態宣言が発令されました。一人ひとりが現状を自覚し、感染予防に対する行動をお願いします。2021年は皆でコロナを克服し、希望に満ちた年にしたいものです。今年が皆さんにとっても鳩ヶ谷高校にとっても輝かしい一年になることを祈念します。

 今日の一言 『自分のしたことが運命になる。何でもやってみなきゃわからない。』

 

 

【校長室】2学期が終了しました

 例年より少し長めの2学期が終了しました。皆さんにとってどんな学期だったでしょうか。コロナ禍で学校生活でも多くの制約がありました。それでも、ロードレース大会や体育祭が実施できたことは大変良かったと思います。まだまだコロナ終息が見えない中ですが、休業中も各自、十分感染防止対策を講じた行動をしてください。1年を振り返り、新たな気持ちで新学期を迎えましょう。

 今日の一言 『当たり前の明日はない。今日を大切に過ごそう。』

【校長室】体育祭で思うこと

 11月26日(木)体育祭が行われました。前日の予行は雨で中止となりましたが、当日は最高のコンディションで実施することができました。今年は日程も変更し、種目や方法も工夫しながらとなりましたが、生徒諸君は思いっきり楽しめたことと思います。教室とは違った顔も見られ、それを応援する先生方の顔も見ることができました。本当にやって良かったと思います。皆さんに感謝です。保護者の方にも見てほしかったのですが残念です。一番強く感じたことは、本校の生徒は競技をいい加減な気持ちで取り組んでいないこと、遅くても上手くいかなくても最後までしっかりやるということです。すべてこの精神でチャレンジしてほしいと思います。さあ次は期末考査です。鳩高生は「やるときはやる」メリハリをつけた学校生活が送れます。頑張りましょう。

 今日の一言 『あなたは自分が思っているより素晴らしいものを持っています』

【校長室】出し切る!

 本日、ロードレース大会が行われました。4月以降、全生徒が集まって行う初めての行事となりました。朝早くから準備をしてくれた部活動の生徒諸君、先生方、ありがとうございました。天候にも恵まれ、多くの生徒が今までの練習の成果を発揮し、頑張っていました。ひとつ残念だったことは、力があるのにそれを出し切っていなかった生徒がいたことです。何事も持てる力を精一杯出すということは大切なことです。これも習慣で、日頃から力を出し切るようなトレーニングをしていないと「いざ」という時に大切な力を出し切ることができなくなってしまいます。無意識のうちに、自分に限界を作ってしまいます。自分の持っている力を十分に発揮できるよう準備しておきましょう。

 今日の一言 『一生懸命に勝る美しさはない』

【校長室】試験が近づいています

 あの暑かった日がうそのように涼しくなりました。早いもので3年生は卒業まであと半年、2年生は高校生活の半分が過ぎ、1年生は鳩高生となって半年が経ちました。それぞれ残りの高校生活の期間は違いますが、充実したものにしてください。さて、10月に入り3年生にとっては進路活動の真っ只中だと思います。16日からは就職試験が始まります。また来週19日からは中間考査も始まります。やるべき準備をして試験に臨みましょう。

 今日の一言『試験に緊張はつきもの ブルブルときたら天から応援が来たと思いなさい』 

 真面目に取り組める人は一生懸命だから、面接や試験でも緊張するのです。緊張があるからあんなに頑張れるのです。だから、緊張感が起こってきたら「よし、来たぞ」「応援が来たぞ」と思ったほうがよいのです。そして集中して臨んでください。『集中力 それは「腹を決める」こと』です。              

【校長室】「校長密着取材」を受けました

 本日、PTA広報部の方から、普段校長は一日をどのように仕事をしているのかを知りたいとのことで、「校長一日密着取材」を受けました。関係の皆様、朝早くからご苦労さまでした。学校・生徒の様子から教師になろうと思ったきっかけなど様々なインタビューを受けました。さて、どんな記事になるのか楽しみです。

 今日の一言 『人の能力などそれほど差はない 要はどれくらい辛抱できるかだ』

 確かに生まれながら備わっている素質はありますが、素質がないと言われながら世界を制した選手は大勢います。この人たちはきっと「我慢」や「辛抱」の素質があったのでしょう。

 

【校長室】9月になりました

 早いものでもう9月。4月から5ヶ月が経ちました。例年ならばこれから2学期がスタート。今年は約1週間早くスタートしています。生徒の皆さんには4月の始業式から「継続する」ということを言い続けてきました。どうでしょうか。何か続けているものはありますか。ある人はこれからも継続を。まだ見つかっていない人は早く見つけてください。

 今日の一言 『やってみようかな やってみようかな これがスタート』

 時々心が動くときがあります。「あれはいいな」「あれ面白そうだな」「挑戦してみようかな」そして、「よしやるぞ」と決めて第一歩を踏み出すことが出発点です。そこから、あなたの夢が広がります。

【校長室】2学期スタート

 夏季休業も終了し、2学期が始まります。始業式では「凡事徹底」について話をしました。『A当たり前のことをBバカにしないでCちゃんとやる』ABCです。少しのことでもちょっとしたことでも、毎日やり続けることで微差、僅差の積み重ねがやがては大差になります。心掛けていきましょう。

 今日の一言 『気はエネルギー 見えないけど大事なもの』

 「気」という字を調べてみると、活動の原動力となる勢い、心の動きや状態と言われます。気炎=盛んな勢い 気力=根気や元気 気合 やる気 本気 その気・・・などなど。「気」という字を使う言葉はその意味を教えてくれます。形としては見えないけど何かをする時は大事なもの それは「気」です。

【校長室】夏季休業中です

 8月1日から夏季休業となりました。8月になったとたんに連日の猛暑です。皆さん、体調を崩したりしていませんか。補習授業や部活動に励むとともに是非、時間を有効に使って夏休みを有意義に過ごしてください。

 今日の一言 『思うだけでやらないのは思わないと一緒                                                                 思ったことをやってこそ能力となる』

 日常の中でもよく思うことがあります。「よし、明日からこれをやってみよう」とか「よし、こうしよう」とかです。でも2~3日も実行しないと頭から消えて行ってしまうことがよくあります。能力の差はこの『思う』-『実行する』-『続ける』を『やる』『やらない』から生まれることは多いのです。