校長日誌

英検準2級

 英検準2級の取得を目指しています。

 全国高等学校長協会の総会・研究協議会に出席しました。5月23日と24日に大宮ソニックシティホールで行われた総会・研究協議会において、文部科学省の担当者からさまざまな行政説明を聴くことができました。グローバル人材を育成していく観点に立ち、文部科学省の外国語教育推進室長からは英語力の目標について説明がありました。中学生は卒業までに英検3級以上を、高校生は卒業までに英検準2級以上を大半の生徒が取得してほしいというお話でした。
 実は、今年度から鳩ヶ谷高校では英検準2級に向けた取組をはじめています。1年生のアドバンスクラブには49名の希望者が所属し、部活動と両立を図りながら学習習慣の確立に向け努力しています。この1年間の目標は英検準2級の取得です。
 学習は継続することが大切です。目標を持って学習と部活動の両立を実現できるよう支援しています。

入学式・始業式を実施しました

 入学式と始業式を実施しました。

 4月9日に入学式と始業式を実施しました。
 平成30年度は281名の生徒が入学しました。そして入学式の直後に校歌紹介を行いました。吹奏楽部の演奏に合わせ、合唱同好会、弓道部、女子バレーボール部、演劇部、生徒会本部の生徒が校歌を斉唱しました。早く新入生にも校歌を覚えてほしいと思います。
 入学式に先立って、2年生、3年生は1学期の始業式を行いました。始業式でも校歌を斉唱しました。しかし、準備していた伴奏CDの不具合で、伴奏なしで実施しました。それでも、生徒は動じることなく校歌を歌い切りました。
 1年生、2年生、3年生がいっしょに校歌を歌う機会が楽しみです。

サクラサク

 学校の桜が満開です。

 平成29年度が終わろうとしていますが、3月の最後の週はたいへん暖かく、桜がすっかり咲きました。桜は満開を迎えると同時に散り始めます。平成30年度の入学式まで、桜はとても持ちそうにありません。
 桜と同時にハナズオウも咲き始めました。季節ごとに、鳩ヶ谷高校ではいろいろな花が咲きます。
 入学式では新入生の胸に、卒業式では卒業生の胸に、園芸デザイン科の生徒が製作した「コサージュ」の華が咲きます。
 また、9月に行われる文化祭の後夜祭に続いて、鳩ヶ谷高校のグランド上空では「花火」の華が咲きます。近隣にお住いの皆さんにも見上げてほしいくらいの大輪が咲きます。残念ながら文化祭一般公開の後に行われるため、学校の敷地から見ることができるのは在校生だけになります。
 園芸デザイン科の温室の中では四季を問わず、外では四季折々の花が、鳩ヶ谷高校では咲いています。

部活動の活躍

 2週間にわたって、運動部や文化部が活躍しています。

 専門学科の園芸デザイン科による卒業作品展が始まった2月3日に、運動部では卓球部と男子バレーボール部が、それぞれ新人戦の県大会に出場しました。2つの部活動同時のダブル進出です。どちらの部も県大会では途中で負けてしまいましたが、大活躍でした。
 文化部では、書道部が川口市アートギャラリー・アトリアで行われる川口市書き初め展に出展します。2月7日から2月12日まで、いずれも10時から18時までの開催です。
 また、写真部は校外展を川口総合文化センターリリア3Fギャラリーで開きます。2月10日(12時から19時まで)、2月11日(9時から19時まで)、2月12日(9時から12時まで)の3日間の開催です。
 運動部や文化部への応援をお願いいたします。

川口市「はたちの集い」の協力

 園芸デザイン科が、川口市の「はたちの集い」に協力しました。

 1月8日の成人の日に行われた川口市「はたちの集い」に、園芸デザイン科が協力をしました。
 川口市の成人式である「はたちの集い」が川口総合文化センター(リリア)メインホールを式典会場として開催され、メインホールのステージを飾る花を園芸デザイン科の2年生と1年生が制作しました。式典の協力は毎年恒例のこととなっていますが「はたち」を迎える方々にとっては一生に一度のお祝いであり、ステージ上の花瓶に花をいけることは大変光栄なことです。
 川口市在住で園芸デザイン科のみならず普通科や情報処理科の卒業生は、後輩たちの祝福を喜んでくださったと思います。

防災避難訓練

 防災避難訓練を実施しました。

 12月21日に、防災避難訓練を実施しました。
 今回は、地震発生とそれに引き続く火災発生を想定した訓練を行い、全校生徒が校庭に避難しました。
 川口市南消防署鳩ヶ谷分署の署員の方に訓練の様子を見ていただき、講評を受けました。全校生徒の避難完了に6分20秒を要しましたが、119番通報から消防自動車到着までの時間が普通5、6分であることを考えると適正な時間であったという評価でした。万一の火災の場面でも、このような状況であれば消防署が直ちに消火活動に取り掛かれるというお話しでした。消防自動車の到着時に負傷者と行方不明者が把握できていることが望ましいという説明もいただき、6分20秒の中で行った点呼を含めて防災に備えた訓練ができました。
 この日のような訓練を繰り返すことによって、また、過去の災害を教訓とすることによって、万一の際にも、とっさに正しい行動が取れるようにしていきたいと考えています。

英検IBAの実施

 英検IBAを実施しました。

 11月2日(木)5時間目に、英検IBAを実施しました。一昨年から始めて3回目になりますが、今年も1年生、2年生、3年生の全員が受検しました。
 英語教育において、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく育成することが大切です。リーディングとリスニングの出題比率がほぼ均等な英検IBAを全校生徒に実施し、一人ひとりの学習のステップアップと学校全体の英語力の向上を図っています。

1冊の本

 10月2日に実施した全校集会で1冊の本を紹介しました。

 「あのね、かなちゃんに聞いてほしいことがあるの」という本を、10月2日に実施した全校集会で生徒に紹介しました。
 この本は、埼玉医科大学の儀賀理暁(ぎがまさとし)先生がお書きになったもので、儀賀先生から1年生は前の週の木曜日に「がんと命に関する講座」というタイトルで講演を伺ったところでした。2年生、3年生は前の年に儀賀先生からお話を聞いていて、鳩ヶ谷高校にゆかりのある先生が執筆した本です。
 本の内容と生徒が聞いた講演とは重なるところが多く、がんについて、命について書かれてあります。「まえがき」、「プロローグ」、「エピローグ」のひとつひとつが小さな物語になっていて、この本には全部で9つの小さな物語が収められています。鳩ヶ谷高校で行っている朝読書に最適な本です。
 たくさんの生徒が充実した読書の秋を送ることを期待します。

遅刻防止週間

 挨拶励行と同時に遅刻防止に取り組んでいます。

 9月19日から9月22日まで、本年度第2回の挨拶励行及び遅刻防止週間を実施しました。
 この一週間は、始業前に生活委員が生徒玄関に立ちます。協力してくださる保護者の方といっしょに、登校する生徒を「おはようございます」の挨拶で迎えます。
 挨拶を交わす姿や、始業が近づき生活委員の「あと何分ですよ」の声に小走りになる生徒の姿が見られます。
 挨拶をすること、時間を守ることは、充実した1日を過ごすための大切な習慣になります。

フラワーアレンジメント競技会

 フラワーアレンジメント競技会が実施されました。

 8月28日に、平成29年度埼玉県学校農業クラブ連盟フラワーアレンジメント競技会が本校を会場として実施されました。埼玉県内の農業関係高校の代表が集まり、フラワーデザインに関する技能を競い合いました。
 午前はスパイラルブーケを製作し、午後はアレンジメントを製作して、午前と午後の審査の合計で最優秀、優秀が決まります。審査は専門の先生に当たっていただきました。
 この競技会の上位2名は、本年度10月に行われる全国産業教育フェア秋田大会に出場します。
 8月28日の競技会において、本校の代表が入賞を果たすことはできませんでしたが、園芸デザイン科の生徒達が大会の運営を担ってくれました。
 日頃の学習の成果を、競技面でも運営面でも十分発揮することのできた1日となりました。