校長日誌

《校長日誌》校長講話:自分の可能性を最大限に伸ばしましょう

 昨日、関東地方が梅雨入りしました。6月1日は全校集会がありました。今回は、18歳選挙権をとおして、自分の可能性を最大限伸ばすようにという話をしました。選挙権の話なので、最初に、校長と生徒・教職員全員でジャンケンをして、「ジャンケンをしなかった人は、面倒くさがり屋さん。選挙を棄権する傾向にありますよ」という話から次のような内容を話しました。、

 国会議員や市町村議会の議員、知事や市町村長を選ぶ「選挙」。今日は選挙権のお話しをします。

現在の日本は、少子高齢化、人口減少社会を迎えています。この傾向は今後急速に進むと思われますが、日本の未来を作り担う存在である10代の人が政治に参画する意識を持つことが大切です。より早く選挙権を持つことにより、社会の担い手であるという意識を若いうちから持って、主体的に政治に関わる若者が増えて欲しいと思います。若者の投票率が低くなると、若者の声は政治に届きにくくなってしまいます。その結果、若者に向けた政策が実現しにくくなったり、実現するのに時間を要する可能性があります。

今までは公職選挙法において満20歳以上の者が選挙権を有するとされていましたが、その選挙権を有する年齢が引き下げられたのです。平成27年6月、選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」へ引き下げる改正公職選挙法が国会で可決成立しました。

それまでの「選挙権年齢は20歳以上」というのは、昭和20年に定められたものなので、今回は70年ぶりの大改正となります。現在、191の国や地域のうち、18歳までに選挙権を付与している国はおよそ90%にものぼるので、世界の趨勢に則した改正といえます。この改正により、およそ240万人の18歳、19歳の人が有権者となりますが、それは全有権者のおよそ2%にあたります。実は、若者の投票率は、他の世代よりも低いというデータがあります。平成26年12月に行われた第47回衆議院議員選挙全体の投票率はおよそ52.7%でしたが、20歳代の投票率はおよそ32.6%。投票率の低さは選挙に対する理解不足も要因の一つかもしれません。

 では、どうやって選挙に関する情報を収集したらよいでしょう。候補者や政党の情報を収集する方法としては、テレビ、ラジオの政見放送、選挙公報、街頭演説やインターネットなどがあります。私のおすすめは新聞です。広い新聞紙面に一目で見やすいようにレイアウトされています。また、新聞はそれぞれ主張があるので、複数の新聞を読み比べてみると、いろいろな観点から物事をとらえることができます。今日、皆さんに配付した『選挙権を持つ君へ』では、新聞の読み方のポイントもふれているので、参考にしてください。

臆せずに、自分の基準で判断して投票に行ってほしいということが私の願いです。「誤ったことをしちゃうんじゃないか」とか、「大人に迷惑をかけるんじゃないか」と不安に思っている人が多いと思います。18歳の選択、それを大人が後押ししてあげられる社会にしたいですね。選挙は投票日に投票することが原則ですが、期日前投票の制度があります。投票日に仕事や用務のある人は、期日前であっても投票ができます。

 また、今回の改正で、有権者が18歳未満の子供を連れて投票所に入場できるようになりました。たぶん、皆さんは投票所の中に入ったことはないですよね。皆さんが親になったころには、小学生や中学生の子供を連れて親子で選挙に行くのが当たり前になってくると思います。

今回の公職選挙法改正で、選挙権年齢の引き下げ以外には、選挙運動も18歳からできるようになります。選挙運動とは「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として投票を得、又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為」とされています。

18歳になれば、選挙が公示された日から投票日の前日まで選挙運動ができることになりました。18歳以上の人が、選挙期間中に自分で選挙運動メッセージをホームページやブログに書き込んだり、他人が書いた記事などをLINEなどのSNSで広めることも選挙運動になります。選挙運動や政治活動については、学校においては高校生として学校の規則を守ること、選挙との関係では公職選挙法などの法律を守る必要があります。

選挙運動には禁止されている行為があります。18歳未満の人が行うこと、期間外の選挙運動、戸別訪問、飲食物の提供、署名運動、買収、候補者や政党等以外の者が電子メールを使って選挙運動をしたり、選挙運動用ホームページや電子メールなどをプリントして配ることは禁止されています。

 私は、選挙権を得て32年がたちましたが、実は一度も棄権をしたことはありません。時には論点がよくわからないと思った選挙もありましたが、自分なりに判断して1票を投じてきました。選挙は、自分の意見を政治に反映する機会です。日本で女性が選挙権を得た70年前のことが教科書にも記載されている歴史的な出来事であるように、18歳選挙権の実現は教科書にも載る歴史的な出来事です。
 今日は、18歳選挙権の話をしました。皆さん一人一人には無限の可能性があります。「それ、無理!」と自分で限界を決めずに、選挙に限らず、自分の可能性を最大限に伸ばしましょう。

 翌日の6月2日の読売新聞朝刊の社会面に鳩ヶ谷高校の全校集会のことが紹介されました。若者もしっかりと考えを持っています。自分の可能性を伸ばしてもらいたいと記事を読みながら思いました。

 

 

 

 

 

《校長日誌》15年目の鳩ヶ谷高校朝読書 導入秘話

 今日から鳩ヶ谷高校では1学期中間考査が始りました。早朝から教室で最後の勉強をする生徒を多く見かけました。精一杯頑張ってもらいたいと思います。

 鳩ヶ谷高校では、平成13年4月から朝読書を行っています。もう15年の歴史があります。今日は、導入の経緯について紹介します。

 本校の朝読書は、平成13年1月、読書活動の推進に意欲的であった国語科が中心となって、朝読書の実施を提案したのが始まりです。当時、千葉県の船橋学園女子高校(現在の東葉高校)の林公先生が朝読書の取組をとおして学校を再生させた実践が話題になっていました。また、全国的に「いじめ」の問題や「キレる」生徒への問題への対応が求められ、それを解決するための「心の教育」が重要視されていました。

 このような背景の中、本校においても豊かな心を育み、学ぶ力を身につけさせることを目的に平成13年1月、国語科が中心となって朝読書導入のための実施要項を提案しました。しかし、当時はまだ高校での朝読書は一般的ではなく、クラス担任の負担や日課の問題、生徒が読書をするのかなどの不安、読書に対する考え方の違いなど様々な問題があり、簡単には共通理解を得るには至らなかったようです。

 そこで、生徒や教職員へのアンケート調査を実施して問題点の分析が行われました。また当時、朝読書の先進校であった埼玉県立三郷高校、福島県立石川高校、茨城県立里美高校の3校を国語科や生徒指導部の教員で視察し、各校の取組状況、課題、成果等を分析して職員研修会が行われました。その結果、本校の実状に合った取組が重要であるとの共通理解にいたり、平成13年3月、問題点等を修正しながら再度実施要項の提案が行われました。

 ここでの問題点の修正は、①指導体制の強化 ②読書環境の充実 ③日課の見直し でした。指導体制の強化については、「みんなでやる」の原則を全校一斉の読書ということだけではなく、それを指導する教職員にも適用しました。その結果、担任がホームルームで読書指導を行うと同時に、副担任や学年外の教員も廊下・階段・昇降口・駐輪場での遅刻者対応と担任の読書指導の補助を行うこととしました。読書環境の充実については、図書館との連携と学級文庫の設置を行いました。日課の見直しについては、職員朝会の短縮化を図るとともに、午前8時40分からの朝読書、午前8時50分からSHRとして順序を入れ替えるなどの工夫を取り入れました。また、昼休みが10分遅くなる分については、家庭とも連携を図り、朝食をしっかりと摂らせる指導に切り替えていったそうです。

 このようにして朝読書実施要項が了承され、全校生徒及び全教職員が、平成13年4月から行っています。その時に生まれた子どもたちが、今年度の1年生として入学し、朝読書に取り組んでいます。

《校長日誌》雑草という草はない

 春の大型連休、いわゆるゴールデンウィークが終わりました。春は芽吹きの季節です。4月上旬、ある先生に「一気に春ですね。鳩ヶ谷高校の農場の畑も雑草が一斉に芽吹きました。春の芽吹きはすごいですね。」と話しました。後日、別の先生から「雑草という草はない」という昭和天皇(19011989)の箴言をうかがいました。

 調べてみたら昭和天皇の侍従長をされた入江相政さん(19051985)が、『宮中侍従物語』の中で触れられています。終戦直後の初秋、天皇皇后両陛下が御用邸からご帰京されるので、宮殿の庭に草が茂っていたら見苦しいだろうと、侍従たちが草刈りをしたそうです。しかし、人手が足りずに刈りきれなかったそうです。昭和天皇がお帰りになった時に「どうして草を刈ったのかね」と尋ねられ、入江侍従は「雑草が生い茂っておりましたので、一部お刈りしました。」とお詫びしたそうです。すると昭和天皇は「雑草という草はない。どんな植物でもみな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。人間の一方的な考え方で、これを雑草と決め付けてしまうのはいけない。注意するように。」と諭されたそうです。どんな植物にも名前や役割があり、人間の都合で邪険に扱うような呼び方をすべきではないと伝えたかったようで、入江侍従は強烈な印象を受けたそうです。

 人間は思いを伝えるために、言葉を使います。農業の世界では、春に植物が一斉に芽吹くことを「スプリング・フラッシュ」と言うそうです。私は、今回、春の芽吹きの素晴らしさを伝えようと思って、「雑草」という単語を使ってしまい真意を伝えられませんでした。思いを正確に伝えることはなかなか難しいことです。大型連休中には、4月29日の「昭和の日」、5月4日の「みどりの日」がありました。言葉の大切さを昭和天皇の箴言から学びました。

《校長日誌》離任式

 春は出会いと別れの季節です。今日の鳩ヶ谷高校は離任式でした。お世話になった先生方から、いろいろなお話を伺うことができました。アットホームな雰囲気の中、一人一人の先生方が鳩ヶ谷高校の思い出を語ってくれました。当たり前の日常が、その場を離れてみて初めて気づくことがたくさんあるのものです。生徒会長の感謝の言葉、花束贈呈の後、校歌斉唱となりました。ご転出された先生方、大変お世話になりました。ありがとうございました。今後も鳩ヶ谷高校を応援してください。

《校長日誌》熊本地震、お見舞い申し上げます

 4月14日午後9時26分に熊本県で震度7の地震が発生して以来、熊本県を中心に地震が続いています。16日深夜にも大きな地震がありました。被害が拡大しています。心からお見舞い申し上げます。

気象庁は、16日午前1時25分頃に熊本県で震度6強を観測した地震が14日から熊本地方で起きている一連の地震の「本震」だと発表しました。14日からの約150回にわたる地震は前震で、「本震」にあたるこの地震は16倍のエネルギーがあったそうです。

テレビやラジオでは特別番組が続いています。テレビの映像を見ていると、東日本大震災や阪神淡路大震災を思い出し、心が痛みます。鳩ヶ谷高校の「総合的な学習の時間」では防災教育にも取り組んでいます。昨日の放課後、「何かできることがないかな」と話し合っている生徒もいました。「共助」の気持ちがしっかりと育っています。今、自分たちでできることを真剣に考えている若者がたくさんいます。私たち大人も今できることに取り組まなければいけないと思います。

《校長日誌》対面式 チーム鳩高

 今日は対面式です。1年生と2・3年生が初めて体育館で一堂に会しました。対面式では、私は平成21年度から5年Jリーグの浦和レッズダイヤモンズ社長をされた橋本光男社長のお話をしました。グループとチームの違いについて、「①グループはただ黙々としている。チームは楽しみ、笑いが絶えない。②グループは個人が責任を負う。チームは誰の間違いでも、全員が快く共同責任を負う。③グループは必要だから集まる。チームは仲間との集いを待ち遠しく思う。」ということを紹介しました。
 この鳩ヶ谷高校を皆さんで「チーム鳩高」として一緒に創りましょう。

《校長日誌》入学式 281名が入学しました

  今日は鳩ヶ谷高等学校の平成28年度始業式、入学式です。本格的に平成28年度がスタートします。午前中の始業式、午後の入学式では、私は、ほぼ同じ内容の話をするようにしています。高校時代に①今やるべきことを見抜く力、②自分を伸ばす力 ③今を楽しみ前進する力 の3つの力を身につけてもらいたいと思っています。

本校では3年前から有志の生徒諸君が宮城県女川町へ出向き、東日本大震災復興のボランティア活動に積極的に参加しています。今やるべきことを見抜く力の例として、三陸鉄道の復旧について紹介しました。5年前の平成23年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受けた三陸鉄道は、3年の月日を要して平成26年4月に107キロ全線復旧しました。三陸鉄道は社員60名余りの小さな鉄道会社です。線路が大きな被害を受けたにもかかわらず、大震災からわずか5日後に一部区間の運行を再開し、被災者を大きく勇気づけました。今やるべきことを直ちに実行したのです。物事のプライオリティ(優先順位)をしっかりと見極める力をつけてもらいたいと思っています。
 新しく281名の仲間が鳩ヶ谷高校に加わりました。新入生諸君の活躍を期待しています。



《校長日誌》春の全国交通安全運動 武南警察署出発式

今年は4月6日()から15()までの10日間が春の全国交通安全運動期間です。平成28年度の埼玉県のスローガンは「人も車も自転車も 安心・安全 埼玉県」です。運動の基本は「子供と高齢者の交通事故防止」、運動の重点は①自転車の安全利用の推進 ②後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 ③飲酒運転の根絶 ④子供と高齢者の自転車乗車中の交通事故防止 です。
 今日は、川口市役所鳩ヶ谷庁舎で埼玉県警武南警察署の春の全国交通安全運動出発式が行われました。鳩ヶ谷高校の合唱同好会の生徒が参加しました。小学生へのランドセルカバー贈呈や中学生による交通安全作文朗読の後、本校生徒が自転車安全利用宣言をしました。そして、本校合唱同好会の生徒7名とOG1名の8名で♪ふるさと♪など5曲の合唱を披露しました。

私も激励のために会場に行きましたが、桜の花の舞う会場に、爽やかな歌声が響き渡っていました。鳩ヶ谷高校も交通事故防止に積極的に取り組みます。

《校長日誌》『無私の日本人』

 歴史学者の磯田道史さんが書いた『無私の日本人』(文春文庫2012年)を原作とする映画「殿、利息でござる!」が5月に公開されます。藩主が農民・町民から年貢や町人足役などで徴税をしていた江戸時代に、宿場町の人々が藩主から貸金の利息金をとるという実話の映画化です。

 仙台藩領の吉岡という貧乏な宿場(宮城県大和町)の酒屋穀田屋十三郎が主人公です。伝馬役という藩の荷物運びの苦役が重く、宿場町から夜逃げする者が続出します。家数が減れば1軒あたりの負担が増加し、夜逃げが増えるという悪循環に陥っていました。穀田屋は、宿場の旦那衆と相談し、旦那衆9人が出し合い、総額千両(現在の価値で約3億円)の基金を作り、それを仙台藩に年利10%で貸し付け、毎年3000万円の利息をとり、100軒ある宿場の家々に30万円づつ配る制度を作って衰退を止めたそうです。フィギュアスケートの羽生結弦選手が仙台藩主伊達重村の役で出演しているのも話題です。

 学校の授業で教わった日本史も大きく変わっています。時代劇などでは江戸時代の殿様は近世ヨーロッパの絶対君主のように描かれる場合があります。封建体制といわれる江戸時代の幕藩体制においては、行跡の悪い殿様を家老らの合議による決定により、強制的に監禁するという行為もありました。1988(昭和63)年に第10回サントリー文芸賞を受賞した歴史学者の笠谷和比古さんの『主君「押込」の構造』(講談社学術文庫2006)で注目され、江戸時代の幕藩体制への認識が大きく変わりました。

 過去の「知識」や「常識」だけにとらわれてしまうと、「どうせ出来ない」と思い込みがちです。「知識」も定期点検しないと陳腐化してしまいます。混沌とした現代には新しい発想が必要だと思います。


《校長日誌》第26回卒業証書授与式

 本日は、鳩ヶ谷高校の第26回卒業証書授与式でした。3年生274名が元気に卒業していきました。昨年度同様、卒業生答辞の場面では、走馬灯のように思い出が駆け巡り、卒業生の多くから涙が見えました。最後の校歌斉唱では、一人一人が大きな声で校歌を歌い、感動の卒業式でした。今回は、式辞の一部をご紹介します。18歳選挙権をとおして「自由と責任」「権利と義務」についてお話をしました。

 
皆さんは、本日、鳩ヶ谷高校からそれぞれの夢と希望を持って、新たな道へと歩み出していきます。皆さんが歩み出す今日の社会は、ちょうど5年前に発生した東日本大震災からの険しい復興への道のり、混沌とした国際情勢、不安定な経済状況など、課題が山積しています。このような時だからこそ、一人一人の「自由と責任」「権利と義務」がとても大切です。
 そこで、皆さん自身が対象者である「18歳選挙権」をとおして大人としての「自由と責任」「権利と義務」についてお話します。
 大人とは何歳からなのでしょうか。電車やバスの運賃は12歳以上、自動車運転免許は18歳以上、飲酒は20歳以上など大人の年齢は異なります。

今年の夏の国政選挙から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられました。それまでの「選挙権年齢は20歳以上」というのは、昭和20年に定められたものなので、今回は70年ぶりの歴史的な大改正となります。
 現在
、18歳までに選挙権を付与している国はおよそ90パーセントにものぼりますので、世界の趨勢に則した改正といえます。この改正により、およそ240万人の18歳、19歳の方が有権者となります。
 なぜ、70年ぶりの大改正が行われたのでしょうか。若者の選挙離れも背景の一つです。平成26年12月に行われた第47回衆議院議員選挙全体の投票率は52%でしたが、20歳代の投票率は32%でした。投票率の低さは日本だけの問題ではなく、民主主義の発祥地であり先進地でもある欧米でも同様です。国政選挙では、英国66%、フランス57%、ドイツ71%、米国36%と、日本を始め、欧米の民主主義国家の政治が閉塞感を強めています。英国の首相であったウィンストン・チャーチルは「民主主義は最悪の政治形態であると言える。ただし、これまで試されてきたいかなる政治体制を除けば」と述べ、民主主義の素晴らしさを説いたことがあります。
 日本の場合、若者の投票率の低さは、選挙に対する理解不足も要因の一つかもしれません。候補者や政党の情報を収集する方法としては、選挙公報、政見放送、街頭演説やインターネットなどがあります。選挙は投票日に投票することが原則ですが、期日前投票の制度があります。投票日に仕事や用務のある人は、期日前であっても投票ができます。今回の公職選挙法改正で、選挙権年齢の引き下げ以外には、選挙運動も18歳からできるようになります。選挙運動では、候補者や政党等以外の者が電子メールを使って選挙運動をしたり、選挙運動用ホームページや電子メールなどをプリントして配ることは禁止されています。
 人間は年齢を重ねて子供から大人に成長するなかで、自由は拡大し、様々な権利が与えられるようになります。しかし、自由には責任、権利には義務が伴います。自分自身で獲得したものならその重みを自覚できますが、何となく与えられたものではその重みになかなか気付きません。今回の「選挙権」の重みをしっかりと認識し、大人としての自覚を持ってもらいたいと思います。
 私は、これまで選挙を棄権したことは一度もありません。時に誰に投票してよいのか分からない選挙もありましたが、自分なりに判断して一票を投じてきました。選挙は、自分の意見を政治に反映する機会です。高校を卒業する皆さんには、大人の一人であることを自覚し、世の中をしっかりと支える人になってもらいたいと思います。
 最後になりましたが、卒業生の保護者の皆様、お子様のご卒業、心からお祝い申し上げます。皆様には、PTA会員として、本校の教育活動に対し、温かい御理解とお力添えをいただきましたことに厚く御礼申し上げます。
 卒業生の皆さんの、これからの大きな活躍を心から願いまして、式辞といたします。