校長日誌

《校長日誌》『無私の日本人』

 歴史学者の磯田道史さんが書いた『無私の日本人』(文春文庫2012年)を原作とする映画「殿、利息でござる!」が5月に公開されます。藩主が農民・町民から年貢や町人足役などで徴税をしていた江戸時代に、宿場町の人々が藩主から貸金の利息金をとるという実話の映画化です。

 仙台藩領の吉岡という貧乏な宿場(宮城県大和町)の酒屋穀田屋十三郎が主人公です。伝馬役という藩の荷物運びの苦役が重く、宿場町から夜逃げする者が続出します。家数が減れば1軒あたりの負担が増加し、夜逃げが増えるという悪循環に陥っていました。穀田屋は、宿場の旦那衆と相談し、旦那衆9人が出し合い、総額千両(現在の価値で約3億円)の基金を作り、それを仙台藩に年利10%で貸し付け、毎年3000万円の利息をとり、100軒ある宿場の家々に30万円づつ配る制度を作って衰退を止めたそうです。フィギュアスケートの羽生結弦選手が仙台藩主伊達重村の役で出演しているのも話題です。

 学校の授業で教わった日本史も大きく変わっています。時代劇などでは江戸時代の殿様は近世ヨーロッパの絶対君主のように描かれる場合があります。封建体制といわれる江戸時代の幕藩体制においては、行跡の悪い殿様を家老らの合議による決定により、強制的に監禁するという行為もありました。1988(昭和63)年に第10回サントリー文芸賞を受賞した歴史学者の笠谷和比古さんの『主君「押込」の構造』(講談社学術文庫2006)で注目され、江戸時代の幕藩体制への認識が大きく変わりました。

 過去の「知識」や「常識」だけにとらわれてしまうと、「どうせ出来ない」と思い込みがちです。「知識」も定期点検しないと陳腐化してしまいます。混沌とした現代には新しい発想が必要だと思います。