校長日誌

《校長日誌》2020年、あなたは何をしているでしょう

 今日は二十四節気では大寒です。2月4日の立春まで一年で一番寒いといわれる時期です。昨日は、鳩ヶ谷高校では情報処理科のクエストエデュケーションプログラム発表会がありました。クエストエデュケーションは、(株)教育の探究社が行っている教育プログラムです。商業系の専門学科である情報処理科の「総合実践」の授業で、3年生が実在する6企業からのミッション(課題)に対して、18グループにわかれて情報収集して企画をし、プレゼンテーションを2週間にわたって行いました。3年間で大きく成長した生徒の姿を見て、心強く感じました。
 平成28年に
大手広告会社博報堂が制作したCMに「ライバルは、1964年」という作品があります。日本で初めてのオリンピックが開催された1964年と今を比べると、現代の日本に足りないものが見えてくるかも知れません。当時を力強く生きた人々の、活力と豊かさあふれる姿。その姿を昭和を代表する俳優でありコメディアンである 植木 等(1926~2007)の写真をメインビジュアルに、現代の私たちと比較することで、二度目の東京オリンピックが開催される2020年に向けたポジティブなモチベーションと活力を高めることを目指したCMです。ナレーションと音楽は、さまざまな分野で活躍し、幅広い世代から支持されている星野源さんが担当です。60秒のCMでは、次の内容がナレーションとテロップに流れます。

 

 あの頃の日本人に笑顔で負けるな。

 見る夢の大きさで負けるな。

 人を思いやる気持ちで負けるな。

 暮らしの豊かさだけでなく、

 こころの豊かさでも、ぜったい負けるな。

 ライバルは、1964年

 2020年に向け、日本を考えよう。


2020年、あなたは何をしているでしょう?