校長日誌

飛耳長目(ひじちょうもく)

 鳩ヶ谷高校の今日は、14日から始まった球技大会の最終日です。グラウンド、体育館で熱戦が繰り広げられています。
 私は、歴史が好きで、司馬遼太郎や池波正太郎、吉村昭などの歴史小説をよく読みます。司馬遼太郎は多くの歴史小説を書いていますが、好きな作品の一つに『世に棲む日々』があります。吉田松陰と高杉晋作を中心とした幕末の時代をいきいきと描いています。
 吉田松陰(18301859)は長州藩士の子として生まれ、11歳の時に藩主に兵学の御前講義をする逸材でした。その後諸国を遊学し、ペリー来航時(1853)時には海外密航を企てて幕府に投獄されます。その後、故郷の萩(山口県萩市)で幽閉生活を送る中で松下村塾を開き、高杉晋作、伊藤博文など幕末から明治・大正期に活躍する人材を育成しますが、安政の大獄により江戸小伝馬町(東京都中央区)で処刑されました。
 「飛耳長目(ひじちょうもく)」という言葉は、吉田松陰が好んだ言葉の一つです。耳が遠くまで聞こえて目が遠くまで行き届くということですが、常にアンテナを高くし、広く世の中のことを感知し、多くの情報を集めて判断を誤らないようにしようという意味だと思います。
 現代は、とても変化の激しい時代です。20年くらい前はポケベル(ポケットベル)が大流行し、学校での指導をどうするか先生方が右往左往したのを覚えていますが、その5年後には携帯電話の普及とともに衰退消滅していきました。そして現在は携帯電話からスマートフォンにシフトしています。かつては必要でなかった通信料金が各人に重くのしかかっています。私も、3月末にスマートフォンに更新しましたが、通信料金が3倍になり大失敗したと思っています。
 現実には、私たちの予測を上回るスピードで通信機器が進歩していますが、私たちのモラルは全く追いついていません。「ネットいじめ:悪口・他人の個人情報は絶対に書かない」「SNS:個人情報漏えいに注意し、個人ID・写真は公開しない」「コミュニティサイト:犯罪目的で使用されるケースもある」「チェーンメール:送らない。回さない」「不正アプリ:ウイルスの可能性が高い」「違法ダウンロード:犯罪です」「長時間使用:集中力を害し、視力低下につながる」「歩きスマホ:本人も他の人も、とても危険」・・・
 携帯電話やスマートフォンの不用意な使用は、犯罪に巻き込まれるだけでなく、知らないうちに加害者になることもあります。吉田松陰の言った「飛耳長目」は的確な判断力があって初めて成り立ちます。携帯電話やスマートフォンに潜む危険性をしっかりと認識したうえで使用することが何よりも大切だと思います。