校長日誌

《校長日誌》奇跡の気仙小学校

 12月1日(木)午後、総合的な学習の時間で防災教育を行いました。最初に7月に実施した被災地ボランティアの参加者の発表がありました。生徒一人一人には『被災地ボランティア報告集』が配付され、現地での活動の様子を写した画像をもとに、報告をしてくれました。その後、講演会を行いました。

 今年度の講師は、菅野 祥一郎 先生です。菅野先生は、長年、岩手県で小学校の先生をされ、平成23年3月、岩手県陸前高田市立気仙小学校の校長先生で退職されました。ちょうど、在職中の最後の月が、平成23年3月11日の東日本大震災に遭遇されています。「3.11に何が起こったのか」というテーマでお話をいただきました。

 陸前高田市には奇跡の一本松があります。陸前高田市立気仙小学校は、当時92人の全校児童全員が無事に避難できたそうです。奇跡なのか・・・ということから話が始りました。当日、菅野先生は学校から離れていたそうですが、地震に遭遇し、まずは学校へ戻らなければと自動車を走らせたそうです。しかし、学校に向かう橋の入口で消防団の方(PTA副会長)が非常災害のための通行止めをしていたそうです。普段なら5分で学校に戻れるところを、30分もかかってしまったそうです。学校には、児童92名の他、教職員、地域の方も校庭に避難していました。菅野先生は自動車を運転していたので、津波が来ることをラジオで把握しており、学校に到着後、直ちに全員裏山に避難することを指示しました。裏山に避難直後、学校を大津波が襲い、校舎も体育館も失われたそうです。間一髪だったそうです。生死を分けたのは、何よりも早い判断、率先避難だったとお話しされました。平時に作成するマニュアルに縛られ過ぎると、有事の際には的確な判断ができなくなってしまいます。「津波でんでこ」の判断が大切だということです。気仙小学校の奇跡は、決断と判断をできる人がいて、指示を教職員と地域の方が速やかに従ったことだと実感しました。便利さに頼ろうとする社会は災害に弱い。気づき、考え、行動すること大切さが大切だということ、命の大切さを訴えられました。また、教育者として、成長の礎は、素直な心、豊かな心が必要であり、「フォンより本だ」と訴えられました。スマートフォンよりも本をしっかりと読むことも強調されました。我々教員にも大変参考になりました。
 東日本大震災から5年8カ月が過ぎましたが、改めてお見舞い申し上げます。菅野 祥一郎 先生にも改めて感謝申し上げます。