《校長日誌》弓道部、東日本高校弓道大会に出場

本校の弓道部が本日と明日の埼玉県立武道館(上尾市)で開催される東日本高校弓道大会に埼玉県代表として出場します。3月16に本校体育館で弓道部の壮行会を開催しました。主将からの抱負の後、出場選手7名に対して、校長、生徒会長からの激励の言葉があり、最後に校歌を全校で斉唱しました。鳩ヶ谷高校の登場は3月19日(日)午前1155分頃、3月20日(月)は午前1042分頃になります。埼玉県立武道館に特設弓道場が設置されますでの、2階フロアーからの応援が可能です。私も激励に行こうと思っていますが、皆様の応援もよろしくお願いいたします。

「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて、始めの矢に等閑(とうかん)の心あり。」徒然草の作者、吉田兼好が弓の師匠に言われた言葉だそうです。弓の初心者は、矢を射るとき二本の矢を持ってはならない。後の矢を頼りにして、最初の矢をいい加減にしてしまう。「二本目は無い」「次は無い」と思って、練習するのが、物事の上達のコツだそうですが、人生にも通じる箴言だと思います。鳩ヶ谷高校弓道部の健闘を祈っています。