《校長日誌》歴史と伝統の街・鳩ヶ谷で神輿を担ぎました

 鳩ヶ谷高校のある鳩ヶ谷の地は、江戸時代から日光御成街道の宿場町として栄えた街です。日光御成街道は、日光街道の脇往還として江戸時代に整備された道で、徳川将軍が日光東照宮に参拝する際に岩槻城に宿泊するために利用した道です。鳩ヶ谷の町並は緩やかな坂道に寄り添うように展開しています。埼玉高速鉄道の開通後、都市化が急速に進み、マンションの建設が相次いでいますが、現在でも趣のある商家や石積みの蔵などが点在しています。

 3年前の平成24(2012)年5月にテレビ東京「出没アド街ック天国」で鳩ヶ谷が大々的に取り上げられました。番組で第5位にあげられた鳩ヶ谷総鎮守鳩ヶ谷氷川神社は、鳩ヶ谷宿の日光御成街道沿いの高台に鎮座し、創建は室町時代の応永元(1394)年といわれています。室町幕府4代将軍足利義持の時代です。また、関ヶ原の戦いの直前の慶長5(1600)年7月、徳川家康が上杉景勝を討伐する奥州出陣の際に境内で休息したという故事もある由緒ある神社です。

 去る7月19日に鳩ヶ谷氷川神社の夏祭りがあり、生徒有志7名とPTA会長さん、学校評議員さんと御輿を一緒に担いできました。真夏の太陽の下、いい汗をかくことができました。私も40年ぶりに御輿を担いだのですが、始めの一歩を踏み出すことの大切さを改めて感じました。温かく迎えてくれた地域の皆様に改めて感謝いたします。