2015年8月の記事一覧

《校長日誌》図書館からのつぶやき

 8月19日の各紙朝刊が、過去42年間(19722013)18歳以下の子供が自殺した日を365日別に集計すると、夏休み明けの9月1日が突出して多いという内閣府の分析を報道していました。文部科学省も「先生の目が届きにくい休暇中は、家庭も子供の行動や身なりの変化、体調などに気を付けて見守ってほしい」と呼びかけています。

 そんな中、8月26日の鎌倉市立図書館の公式ツイッターが話題になっています。

「もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうかと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね。」

という内容です。鎌倉市立中央図書館の司書さんが、9月1日に子供の自殺が突出して多いとの先ほどの紹介した報道を読み、「自殺したくなったら図書館へ」という米国の図書館に貼られていたポスターを思い出したそうです。

 日本の図書館は、戦前の言論弾圧の反省から、日本図書館協会が1954年に「図書館の自由に関する宣言」を出しています。

図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することを、もっとも重要な任務とする。この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。

第1 図書館は資料収集の自由を有する

第2 図書館は資料提供の自由を有する

第3 図書館は利用者の秘密を守る

第4 図書館はすべての検閲に反対する

図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。

 第3宣言は、1979年に追加されたそうです。図書館の役割の大きさを改めて感じました。ちなみにツイッターは13時間で約4万件、今日までに84,657件のツイートがあったそうです。この4月に着任した鳩ヶ谷高校図書館の司書さんも、生徒や教職員に図書館をどんどん利用してもらえるように、広報やレイアウト変更など精力的に活動をしています。図書館は知の宝石箱だと思います。

 

 

《校長日誌》鳩ヶ谷高校吹奏楽部 2年連続銅賞獲得!

 今日はPTA後援会の理事会が学校であります。天気予報だと埼玉県南部は最高気温37度まで上がるようです。今日も、グラウンドや体育館、校舎内では部活動が活発に活動しています。今日は、サッカー部、陸上競技部、男子バレーボール部、女子バレーボール部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、卓球部、弓道部が学校内外で活動しています。

 昨日、私は所沢文化センターで開催された第56回埼玉県吹奏楽コンクール地区大会に行ってきました。本校の吹奏楽部がBの部に出場するので、その応援のためです。OGも応援にかけつけてくれていました。今年度の人事異動で吹奏楽部を急成長させたカリスマ的な顧問の先生が他校に異動しました。人事異動は公立学校の宿命ですが、生徒たちはとても不安だったと思います。4月から新しい顧問の下、悩みながらも37名の生徒は確実に成長し、みごと銅賞を獲得しました。銅賞は2年連続です。鳩ヶ谷高校吹奏楽部がワンステップした証明でもあると思います。私もホールで実際の演奏を聴いていて、学校での練習とは違うものを感じました。ステージ上の顧問の先生、生徒一人一人が「とてもかっこよかった」です。魂を込めて活動する姿は、「かっこいい」ことを改めて感じました。部活動では顧問が交代すると指導方法を巡り混乱するケースがありますが、部長を中心に3年生、2年生が新入生である1年生をよくまとめて乗り越えてくれました。顧問の先生にとっても、生徒にとっても、平成27年の夏は忘れられない夏になったと思います。

 吹奏楽部のように、鳩ヶ谷高校の生徒一人一人がこの夏休みで成功体験を積み重ね、一回り大きくなってくれることを祈っています。