校長日誌

2015年12月の記事一覧

《校長日誌》日本を今一度洗濯いたし申候

 本日は、2学期の終業式でした。全校生徒に話をする最後の機会です。毎回、校長講話では何を話そうか、ネタ探しに奔走します。以前に落語の枕の話を書きましたが、私は、伝えたいことの前に、落語のように日常的な話から知らず知らずに本論に入り込むのが理想的だと思っていますが、なかなか難しいです。今日の終業式では、次のような話をしました。

 今日は、「洗濯すること」についてお話しします。

 2年生の皆さんは修学旅行で長崎に行きましたが、実は、私もその時に長崎に行きました。長崎の地で、大政奉還に尽力した幕末の志士 坂本龍馬(18351867)が設立した日本で最初の会社組織といわれる「亀山社中」があった亀山社中記念館に行ってきました。長崎の青空の下で解説員の方からじっくりと説明を受けました。2年生、3年生思い出してみてください。長崎の澄み切った空を!

 時代は常に変化します。今から2500年前に古代ギリシアの哲学者の哲学者ヘラクレイトス(B.C.540頃~B.C.480)は「万物はすべて流転する。太陽ですらも、今日の太陽はもはや昨日の太陽ではない」と言っています。

 現代の日本は、戦後70年において最大の激変期です。幕末の志士 坂本龍馬(18351867)は、時代の変化に敏感でした。彼が郷里土佐の知人の檜垣清治(18391894)と行きあうたびに、自分を変革させていた逸話は創作だと思いますが有名です。「長い刀から短い刀」「短い刀からピストル」「ピストルから万国公法」というように、古い武器から新しい武器、新しい武器から法律、民主主義へと変化のシンボルを常に求めながら、自己変革、つまり「イノベーション」をとげました。

 「新」という漢字は「親」と語源が同じだそうです。何かを新しく変化させる場合、それに親しむことができて初めて深く理解し、新しくすることができるのです。自分自身を変えるためには、まずは、自分自身に親しむこと、つまり、自分を好きにならないといけません。皆さんは、自分のことが好きですか。

 坂本龍馬は、幕末の1863年に姉に向けた手紙で「外国人と結託している江戸幕府の役人を打ち破り、日本を今一度洗濯しなければなりません」と書いています。坂本龍馬は今から150年前に「日本を洗濯しよう」と決意し、大政奉還を実現させ、「明治」という新しい時代を切り開きました。

 「これではいけない」「ここの部分は変えないといけない」と思ったら、大いに行動に移してください。良い自分も悪い自分も、この冬休みにしっかりと「洗濯」しましょう。しっかりと自分自身を「洗濯した」生徒諸君と先生方の皆さんで、1月7日に再会し、また新しい鳩ヶ谷高校を創造していきましょう。