2016年6月の記事一覧

《校長日誌》自転車だって加害者に・・・交通安全教室

6月10日は武南警察署と川口市交通安全課の御協力をいただいて、交通安全教室を開催しました。川口市交通安全課の担当者からの解説、DVDの視聴、武南警察署員の方からの講評をいただきました。現代日本は交通社社会ですが、自転車と歩行者の交通事故では自転車運転者に賠償責任も発生します。

○ 日没後にスピードを出しながら歩道を自転車で走行。見通しのよい歩道上であったが、右方向に気を取られ前方不注意でいたため、歩行者の発見が遅れて衝突。歩行者は脳挫傷の傷害を負い、高次脳機能障害が残った。

→損害賠償 約6000万円(平成23年7月:大阪地裁判決)

○ 日没後、男子中学生(15)が自転車通行可の歩道の中央辺りを無灯火で通行中、前方の交差点の信号が青だったことから、信号が変わらないうちに横断しようと加速して進行した直後、対面通行してくる歩行者に気づいたが、ブレーキをかける間もなく正面衝突して転倒させ、歩行者は死亡した。

→損害賠償 約3000万円(平成19年7月:大阪地裁判決)

○ 高校の男子野球部員5,6人が部活動後、自転車に乗り縦に2列になってかなりのスピードで歩道を走行していたところ、左列の先頭を走っていた自転車が、歩道の真ん中に立ち止まって携帯電話を使用していた歩行者を避けきれず追突し負傷させた。

→損害賠償 約55万円(平成15年9月:千葉地裁判決)

 ある講演で、損害保険会社が使用する「日本における自然災害・事故等の30年間の発生確率」の話を聞いたことがあります。

交通事故で負傷  24.0

交通事故で死亡   0.20

ガンで死亡       6.8

心疾患で死亡     3.4

台風で罹災       0.48

火災で罹災       1.9

空き巣被害       3.4

交通事故の確率が突出していることがよくわかります。DVDの「交通ルールは、捕まらないために、罰せられないためにあるのではありません。社会的なルールなのです」というナレーションが印象的でした。