校長日誌

2016年9月の記事一覧

《校長日誌》今とこれからを生きる君たちへ~がん教育講演会~

 今日は、全校生徒対象にがん教育講演会を開催しました。埼玉県保健医療部疾病対策課の御協力をいただき、埼玉医科大学総合医療センターの 儀賀 理暁(ぎが まさとし)先生をお迎えして2年ぶりに開催したものです。埼玉県立がんセンターの 清水 怜 先生も傍聴に御来校いただきました。
埼玉県の死因の第一位はがんであり、年間1万8千人以上の県民ががんで亡くなっています。特に、女性特有がんである乳がん及び子宮がんについては、早期発見・早期治療により治るがんであるにもかかわらず、他のがんと比較して死亡率がほぼ横ばいに推移しています。疾病対策課では、若い世代から、乳がん・子宮がんの正しい知識や検診の重要性を学ぶことで、女性特有がんへの関心を高め、予防行動や将来のがん検診の受診を促すとともに、家庭内での波及効果も期待し、県内の小中高生を対象としたがんに関する出前講座を開催しています。
 私自身、いろいろ勉強になりました。人間は60億兆の細胞でできていること、いのちは奇跡であること、60歳になると毎日数千個のがん細胞が発生していること、がんの生涯罹患率は50%であること、がんになると自分喪失に陥りやすいこと、緩和ケアにより生活の質を向上させることが大切なこと、がん=死ではないこと、生命とは共にいながら自分自身でいられること・・・などいろいろと考えさせられました。
後半は2年前に本校でも御講演いただいた阿南里恵さんの話になり、阿南さんの壮絶な闘病生活と希望を失わない前向きな生き方に共感し、生徒、教職員全員が聞き入りました。その後、絢香の歌にあわせてがんと闘った方々の笑顔が映し出され、最後に詩人谷川俊太郎さんの「未来へ」が朗読されました。講演をとおして、今、生きていることの幸せを実感しました。
私は、阿南さんの3つの言葉が特に印象的でしたので、ご紹介します。
1 命はいつ終わるかわからない。それは自分も他人もみんな同じ。だから今日を大切にする。
2 つらくて、つらくて、たまらなくなったらSOS。
3 幸せは比べられない。自分で気づくこと、感じること。
儀賀 理暁 先生、清水 怜 先生、疾病対策課の皆様、ありがとうございました。