2017年1月の記事一覧

《校長日誌》2020年、あなたは何をしているでしょう

 今日は二十四節気では大寒です。2月4日の立春まで一年で一番寒いといわれる時期です。昨日は、鳩ヶ谷高校では情報処理科のクエストエデュケーションプログラム発表会がありました。クエストエデュケーションは、(株)教育の探究社が行っている教育プログラムです。商業系の専門学科である情報処理科の「総合実践」の授業で、3年生が実在する6企業からのミッション(課題)に対して、18グループにわかれて情報収集して企画をし、プレゼンテーションを2週間にわたって行いました。3年間で大きく成長した生徒の姿を見て、心強く感じました。
 平成28年に
大手広告会社博報堂が制作したCMに「ライバルは、1964年」という作品があります。日本で初めてのオリンピックが開催された1964年と今を比べると、現代の日本に足りないものが見えてくるかも知れません。当時を力強く生きた人々の、活力と豊かさあふれる姿。その姿を昭和を代表する俳優でありコメディアンである 植木 等(1926~2007)の写真をメインビジュアルに、現代の私たちと比較することで、二度目の東京オリンピックが開催される2020年に向けたポジティブなモチベーションと活力を高めることを目指したCMです。ナレーションと音楽は、さまざまな分野で活躍し、幅広い世代から支持されている星野源さんが担当です。60秒のCMでは、次の内容がナレーションとテロップに流れます。

 

 あの頃の日本人に笑顔で負けるな。

 見る夢の大きさで負けるな。

 人を思いやる気持ちで負けるな。

 暮らしの豊かさだけでなく、

 こころの豊かさでも、ぜったい負けるな。

 ライバルは、1964年

 2020年に向け、日本を考えよう。


2020年、あなたは何をしているでしょう?

《校長日誌》「思い込み」と「がりべん」

 平成29年が本格的に始まりました。今日は第3学期始業式でした。始業式では、新年の挨拶、弓道部の全国大会ベスト16のがんばりを紹介した後、「思い込み」と「がりべん」について話しました。

 今日は「思い込み」と「がりべん」についてお話しします。

「思い込み」とは、深く信じこむことです。思い込みをする人は、ある考え方に執着し、自分が正しいことを言うために、常識・前例・先入観・固定観念などを根拠にすることがあります。自分が信じていることははたして正しいのでしょうか?

さて、皆さんは友達に「勉強している?」と聞かれると、ほとんどの人が「していない」と言うのではないでしょうか。これは、先生方も同じだったと思います。でも、何か変ではないですか。学校は学び合う場ですが、「勉強をしていない」という自己否定的な場と矛盾していますよね。「勉強」という言葉がくせものです。

皆さん、「がりべん」を文字で思い浮かべてください。「がり」が片仮名か平仮名で、「べん」が勉強の「勉」の人が多いと思います。ガリガリと鉛筆の音をたてるようにひたすら勉強をする人をあざけるように使われ、今では勉強することへの批判のように大人も子供も使ってしまっています。とても、ネガティブな表現ですよね。

本来、人間はわかることは楽しいはずです。なぜ、ここまで、学習することに対してネガティブになっているのでしょう。実は、大きな誤解があるのです。

私は、かつて「明治と昭和の勉強」をテーマに授業をするために、いろいろな資料を集めたことがあります。竹内 洋 京都大学名誉教授の資料が参考になりました。「がりべん」は明治時代からあった言葉です。100年前の人たちは、勉強は世のため、人のためにするものであり、自分の利益のためにするものではないというポジティブな考え方でした。100年前でも「がりべん」は批判されていました。漢字で書くとわかりやすい。「我利勉」。つまり、「自分の利益のためにだけに勉強すること」です。自己中心的な勉強をする人のことです。現在でも、自己中心的な人は批判されますよね。

それが今から50年位前の昭和中期に片仮名の「ガリ勉」となり、今では勉強する人をさげすむようなネガティブな表現になってしまいました。本来、人間はわかることは楽しいはずです。なぜ、ここまで、学習することに対してネガティブになっているのでしょう。世界200近い国や地域の中で、勉強すること、つまり学習することが格好悪い、恥ずかしいと思い込んでいる国は日本だけです。なぜ日本人は「勉強」という言葉を煙たがるのでしょうか。謙虚さを美徳とする日本人の価値観の影響があるのかもしれません。「勉強」は江戸時代からあった言葉ですが、努力するという意味でした。明治時代になって学習の意味が加わります。努力しなければならない「勉強」は、苦しくて、つらくて、大変だと思い込んでいるのです。でも学習することは本来楽しいことなのです。
 自分自身の思い込みをもう一度見直しながら、今年一年、充実した年にしましょう。