2017年3月の記事一覧

《校長日誌》平成28年度修了式 サザエさんから学ぶこと

 本日は平成28年度修了式でした。3年生が卒業し、1・2年生だけの修了式です。来年度に向けての話をしましたので紹介します。

 本日で平成28年度が終わります。春になります。桜が咲きます。節目の季節です。生徒諸君だけでなく、私たち教員も4月に向けて「やるぞ」という気持ちを切り替えるよい時期です。

 

 今日は毎週日曜日の午後6時30分からテレビ放映されるアニメの「サザエさん」をとおして、家族の絆について考えてみたいと思います。

 

 アニメの「サザエさん」は昭和441969)年10月からテレビ放映が始まりました。私が幼稚園の時です。「サザエさん」の登場人物は結構覚えていますよね。磯野家は波平とフネ、カツオ、ワカメ、フグ田家はマスオとサザエ、タラちゃんです。どんなことでも話し合える関係性が築かれ、維持されており、お互いを認め合い、尊重し合い、相手の意見を受け止めています。誰もが共感かつ納得でき、お手本ともいえる家庭環境だと思います。

 

 もうひとつ言えるのは、磯野家全員が「陽」つまりボジティブな人たちだということです。温かみ・温もりを十二分に感じることができます。殻にこもったり、心を閉ざしたり、相手をつっぱねたり、悪口を言い合ったりはしません。これも非常に重要なポイントです。

 

アニメ「サザエさん」では、ケータイやテレビゲームなども登場していません。カツオ君とともにマンガが出てくるくらいで、一日中ケータイ・スマホを肌身離さず持っていたり、ブログ・ツイッター・LINEをしている人など当然いません。サッカーや野球など健康的なものばかりです。

 

現代は、良く言えば、科学技術が進歩し、物が豊かになり、バリエーションも大きく広がりましたが、大多数が二次元・バーチャルに浸かっています。現実世界でのあいさつ・コミュニケーション方法・接し方をまったく分かっていません。「サザエさん」は、人との触れ合い、コミュニケーションについて真剣に考えさせてくれます。「きちんと挨拶をする」「目上の人への接し方」「悪いことをしたら怒られる」「怒られたらきちんと反省する」「何かしてしまったらきちんと謝る」「兄弟や年下の子への接し方」「家族の大切さ」「地域の人との交流、その大切さ」など、何気ない日常生活のワンシーンにも当たり前のことですが、大切な教訓がたくさんちりばめられています。

特に印象的なのは、家族全員で食卓を囲む夕食シーンです。本当にほのぼのしていて、温かくて、見ているだけで心癒されるものがあります。家族全員で顔を合わせ、その日の出来事などを話して、家族で考え・感情・体験・教訓の共有をする。そして、夕食シーンの最後は、ほとんどの場合、家族全員で笑い合うところで終わります。そのように、家族で自然に笑みがこぼれることは非常に重要なポイントです。

 

アニメでありながら、限りなく現実に近い、そして限りなく理想的。ごく普通の一般庶民の設定でありながら、ユニークさ・ストーリーがあり、いつ見ても飽きない、温かい気持ちになれる。そうした点が、「サザエさん」の魅力だと思います。