鳩高ブログ

2023年6月の記事一覧

教育実習生の紹介

本校の卒業生3名が、教育実習に来ました。
実習期間は5月29日~6月16日の3週間です。
実習をした感想を聞いてみました。

 

土方先生(数学) 普通科卒業
 日本大学 理工学部 数学科

― 感想 ―

 3週間は私自身にとって未知の体験ばかりであり、悩んだり、失敗をしてしまうことが多かったですが、日々の反省を活かすことにより、自己の成長に繋がったと思います。期間中は生徒とも関わる機会も多く、とても楽しい3週間を過ごすことができました。

― 後輩へのアドバイス ―

 高校3年間というものは気づけばあっという間に過ぎてしまうような期間なので、自分が挑戦できることは挑戦していきましょう。もし、その挑戦の中に未知のものがあるなら、周りの人や教師を積極的に頼りましょう。

 

川上先生(社会) 普通科卒業
 埼玉学園大学 人間文化学部 人間学科

ー 感想 ―

 40分授業や50分授業など日によって時間が変化したことや出席確認などもあり、1時間の中で授業を進行することがとても難しく感じました。また授業以外にも、先生がたの仕事があることを感じ、教師の仕事の大変さが分かりました。

― 後輩へのアドバイス ―

 それぞれ進学・進級していくかと思いますが、自分が何をしたいかをよく考え進路を選んでください。そのために計画的に努力していきましょう。
 至らないところも多くあったとは思いますが、3週間ありがとうございました。

 

松﨑先生(保健体育) 園芸デザイン科卒業
 尚美学園大学 スポーツマネジメント学部 スポーツマネジメント学科

ー 感想 ―

 とても素直で真面目な生徒が多く、廊下では会うたびに何回も挨拶をするという習慣が徹底されていると感じました。それは日々の先生方の指導があってのものだと強く感じました。3週間という短い間でしたが、様々な生徒と話し、とても充実した実習期間を過ごすことができました。

― 後輩へのアドバイス ―

 進学や就職など様々な進路に進んでいくと思います。その中で、今日常的に行っている挨拶や返事がとても大切になっていきます。今やれていることを最大限に行い、ステキな大人になることを楽しみにしています。