鳩高ブログ

2023年9月の記事一覧

文化祭エンディングセレモニー(1)~実行委員長からのメッセージ~

 9月11日(月)、鳩高祭のエンディングセレモニーを行いました。各種の表彰とともに、文化祭実行委員長・栗原怜也君と生徒会長・池田将吾君から挨拶がありました。2人のメッセージを2回に分けて紹介します。

 

◆文化祭実行委員長・栗原怜也君(弓道部・さいたま市立尾間木中学校出身)

「皆さん、おはようございます。鳩高祭、2日間楽しめましたか!? 1年生は初めての文化祭でしたが、みんな楽しんでいて、すごくうれしかったです。2年生は去年に続き、各企画、目を見張るものばかりでした。そして3年生にとっては最後に文化祭でした。高校に入ってから様々な制約があり、思うような高校生活を送れなかった人もいると思います。けれど、そのような中でもどうにか楽しんでもらえるように支えてくださった先生方に、心から感謝しています。 

 本日はこの場を借りて、私から皆さんに伝えたいことがあります。何かこれだけは絶対に努力するというものを決めてみてください。どんなに小さなことでもいいです。そのことに対してひたむきに努力してみてください。 

 私は部活も勉強も3年間結果を残せず、悔しい思いをたくさんしてきました。正直、努力なんかしても無駄なのかなと思うような時期もありました。しかし、この鳩高祭を終えて、その意味にやっと気づきました。準備中、いつも挨拶をしている先生から、「文化祭頑張ってね」と声をかけていただいたことがありました。その他にもいろいろな先生から声をかけていただきました。先生方やPTAの方々は、普段の仕事があるにもかかわらず、忙しい中、私たちに声をかけてくださったり、いろいろな準備をしてくださりました。それは、我々生徒の日々の努力をしっかり見てくれているからだと確信しました。頑張っていない人のために忙しい思いをしようなんて誰も思いません。みんなが努力するからこそ応援される集団となり、今年のような素晴らしい鳩高祭を実行することが可能になりました。だから、どうか努力することを忘れないでください。 

 最後になりますが、コロナ明け初めての鳩高祭を成功に導いてくださった麩澤先生をはじめとする先生方、PTAの皆様、そして鳩高祭を盛り上げてくれた生徒一人一人に心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。」